自律神経失調症の症状と内容について

自律神経とはその名の通り自律した神経のことで、心臓を動かして血液を循環させたり、食べたものを消化したり、汗をかいて体温を調節したりなどの、自分の意識では動かせない神経のことです。
この自律神経が生活リズムの乱れやストレスなどによってバランスを崩し、身体に様々な不調が起きることを自律神経失調症と呼びます。
自律神経は全身に張り巡らされているため、症状も全身の様々な部分に発生し、頭や足など身体の一部が痛くなったり、全身がだるくなったり、気持ちが落ちこんだりと人によって現れる症状は違います。内蔵などの器官に問題があるわけではないので、病院で検査をしても異常がないとされることも多く、また検査をしても異常が見られない場合に、自律神経失調症と診断されることも多いようです。

更年期障害とは自律神経失調症の違い

年を重ねてくると、体が思うように動かなかったり不調が出たりということが多くなります。
女性に多い、ホルモンバランスが崩れることによって起こるのが「更年期障害」です。
火照り、発汗、動悸などが代表的な症状です。
この「更年期障害」は「自律神経失調症」のひとつであり、ホルモンバランスが崩れることによって起こるのが原因です。
しかし、「自律神経失調症」には他にもたくさんの症状があります。
「更年期障害」以外の失調症では主にストレスからくる交感神経と副交感神経とのバランスが悪くなり普段自然にできていることができなくなってしまうのです。
たとえば不眠症、頻尿、過呼吸、過敏性腸症候群、呑気症、チック症など症状は様々です。

自律神経失調症の慢性化が招く双極性障害

自律神経失調症は、身体、精神のバランスを取る自律神経が正常に機能しないことから起こる様々な症状をいいます。不安定な状態が長引くと、感情のコントロールが効かなくなり、常にイライラして、何かあると感情が爆発してしまい、後でそのことをくよくよと後悔するという悪循環を招きます。こうなると、双極性障害というさらに深刻度の高い精神疾患になる可能性もあります。
双極性障害は、精神面の上限と下限が取り除かれてしまったような状態の病気です。金銭の浪費が激しくなったり、自傷行為をしたり、対人関係に影響を及ぼしたりします。治療は困難を極め、長期化する例が大半です。
最近、何かおかしいなと感じたら、迷わず精神科を受診しましょう。早い段階で適切なケアを受けられれば、重大な病気になる前に治癒することは可能です。

自律神経失調症の改善にはヨガが有効

ヨガは自律神経失調症の改善に効果が高いことが知られています。
ヨガの基本は呼吸法であり、身体の柔らかさは関係ありません。腹式呼吸で深く息を吸い、静かにゆっくり息を吐くことで、身体の新陳代謝が高まると言えます。
何よりもヨガにはリラックス効果があり、精神安定に加えて免疫機能の向上などにも役立ちます。それ故、乱れた自律神経を安定させる作用があるわけで、それが自律神経失調症を改善させると言えます。
特に、朝に行うのが効果的で、朝に症状がでやすい場合の生活改善に役立ちます。やり方は色々ありますが、代表的には両手で頭を抱えて、呼吸法を行いながら、首の後ろを伸ばすようにします。それから、頭を抱えながら左右にも倒すようにします。これにより、頭がスッキリとして、脳が覚醒するわけです。

自律神経失調症と頻尿の症状の関係

自律神経失調症とは体内の状態を一定に保とうとする働きがうまく行かず交感神経と副交感神経の調和が乱れることで身体的、精神的症状を呈することをいいます。そして自律神経失調症の症状の一つに頻尿があります。
頻尿とは昼夜を通して通常よりもトイレの回数が増えることをいいます。頻尿は過活動膀胱や膀胱炎、尿路感染が原因となることがありますがいずれも薬物療法にて症状は安定します。しかし自律神経失調症が原因の頻尿の場合はそうはいきません。通常私たちの身体は日中は交感神経が優位に立ち活動を支え、夜間は副交感神経が優位に立ちリラックスした状態を作り出すのですが、自律神経失調症の場合はストレスによる影響からこれらの神経系に乱れが生じ夜間でも交感神経が優位に立つため頻尿となります。したがっていかにストレスを軽減させるかが重要となってくるわけです。

自律神経失調症は何科で治療するの?

ストレスが溜まると普段自然にできていることができなくなったり、体に不調が出たりということはありませんか。
交感神経と副交感神経のバランスが保てなくなり、様々な症状が起こることがある「自律神経失調症」。
ストレスを多く抱える現代人には近年多く見られる症状のひとつです。
もし自律神経失調症になってしまったら、何科の病院に行けばいいのでしょうか。
自律神経失調症の治療は神経内科がおすすめです。
ストレスを受けてバランスが取れなくなってしまった心、つまり精神的なものから体の不調を起こす症状ですので、まずは神経内科の先生にじっくりカウンセリングしてもらうのが最適です。
そこから正しい治療法や投薬が開始され治療となります。
神経内科の先生は優しい方が多いので、治療に向けてきちんと向き合ってくれるはずです。